乳腺炎の症状

乳腺炎の症状

乳腺炎は、あまり酷くないものから悪化したものまで、症状には幅があります。
乳腺炎の一歩手前の段階では、乳腺が詰まってしまううつ乳という状態に陥り、軽度の痛みやしこりが生じます。
そして、乳腺の穴が詰まってしまうと、乳首の周辺にまるで白いニキビのような白斑ができてしまう恐れもあります。
このような状態の時は、他の人の力を借りなくても改善できる望みがあります。
毎日の食事に注意して、赤ちゃんに母乳をあげる数も夜の間は多めにしたり、赤ちゃんを抱える形を工夫して色々な方向から母乳をあげるようにしたりすると、乳腺の詰まりが解消されて症状が緩和されていくはずです。
でも、一向にしこりの大きさに変化がなかったり、白斑が詰まったままの状態だったりすると、乳房が熱を持ち、本格的な乳腺炎にかかってしまいます。
白斑は、詰まりが解消されても無くなるまでは少量の痛みが続き、解消されるまでにはけっこう時間を使うことになります。
食事を変えたり母乳のあげ方を変えても症状が治まらないという場合には、母乳外来などで助産師にマッサージをしてもらうのがおすすめです。
マッサージを施して詰まりがなくなれば症状は軽くなってきますが、変わらず配慮して母乳を飲ませるようにしてください。
乳房全般に痛みが出ていたり高い熱や倦怠感が引き起こされているときは、乳腺炎がより深刻化しています。
ひどい時は、思いもよらず体温が40度近い状態にまで上がってしまうケースもあります。
一点も風邪の症状が見受けられず、寒気を自覚するのが一般的です。
母乳マッサージをしても一向に回復しない場合、医療機関に頼り、薬の処方を受けます。
ただ、これでも症状が解消しないときは、乳腺部分を切り、その中にある膿を取り去るという手術を受けます。
手術を終えて何日か経過すれば、手術前と同じく授乳をすることができるまでに改善するでしょう。