乳腺炎の予防法

乳腺炎の予防法

乳腺炎にならないためには、普段どおりの暮らしから気を遣わなくてはいけません。
母乳の原料は、母親の体を流れる血液なので、健康面に良い影響を及ぼす食生活が母乳にも良い影響を与えるとされています。
日本人なら和食が望ましいのですが、お米や具だくさんの味噌汁は体を温めてくれるので血の流れも促され、母乳も乳腺内をスムーズに流れます。
たんぱく質を摂るときにも味の濃くない食べ物を口にすることが好ましいです。
ちなみに、欧米的な食事に関しては母乳をドロドロにするため、乳腺炎を患う確率が高まります。
加えて、体が冷えた状態だと血の流れも悪くなってしまい、乳腺内に母乳が蓄積してしまってスムーズに排出されなくなってしまいます。
冬の時期に母乳の出が悪くなるのはこれが理由となっているからです。
浴槽に入る時間を十分にとって芯から体を温めていくと随分状態が良くなることでしょう。
深刻な肩こりの症状があるという人も血行が悪くなっていますので、乳腺炎にかかりやすくなります。
肩を回してほぐしたり無理のない運動で母乳が円滑に流れるようにしていきます。
これ以外に、赤ちゃんに母乳を与えるときの姿勢などを見直すことも乳腺炎を防ぐためには重要となります。
横抱きにして赤ちゃんに母乳をあげるだけにとどまらず、フットボール抱きをし、左右かわるがわる授乳を行いましょう。
母乳を与える角度に変化をつけることによって、たくさんの部位が刺激され乳腺内の詰まりを改善していきましょう。
そして、三時間経つごとの授乳も重要です。
母乳を作るホルモンは、夜遅くに分泌量が増すため、夜の時間はなおさら三時間経過するたびに欠かさず母乳を飲ませるようにすると良いでしょう。
授乳を行うことは、母親の日頃の食事の摂り方や生活習慣を見直す大変有意義なチャンスと言えます。

乳腺炎の防止策は、結果的には良質な母乳を生み出すことになるので、母親に対してだけでなく、母乳を与えられる赤ちゃんとしても好ましいことと言えます。