乳腺炎の治療法

乳腺炎の治療法

乳腺炎は、見られる症状ごとに治し方が違います。
乳腺炎になりかけの時は、乳腺にしこりができたり、乳首に白いニキビに近い白斑ができて、少し痛みもありますので、さしあたって授乳を実践してみましょう。
しこりや白斑が生じている乳腺の側の乳首を、赤ちゃんの顎の部分にくるようにくわえさせた状態にして授乳を行います。
そして、しこりを微妙に指で押さえつつ授乳を行うと、乳腺の詰まりも改善することもあります。
この他、白斑が現れている場合に針で潰すということは、バイ菌が入り込んだり、そのときだけしか詰まりがなくならなかったりするので、将来異常が出ることも考えられます。
白斑は、乳腺が詰まった状態が引き金となるので、何度も母乳を与えることで乳腺の詰まりを取り除きましょう。
詰まりの問題が見られなくなると共に白斑が消失するわけではなく、痛みを自覚しますが、平常通り母乳をあげていきます。
それから、しこりや乳腺により生じる痛みを抑えるのに役立つ手軽なものといえば、ジャガイモやキャベツを使った湿布あるいは冷えピタなどになります。
これらのものを乳房に当ててみると、乳腺に感じていた痛みが緩和され、スムーズに流れるようになるはずです。
乳房の周りから熱が出て体温も上昇し、完璧に乳腺炎を発症してしまったら、授乳だけでは乳腺が開通されないこともあります。
こうしたときには、母乳外来に相談し、助産師にマッサージをやってもらいましょう。
乳腺が開通されると、乳腺に滞っていた母乳が出るようになって、正常な状態に戻っていくでしょう。
マッサージを行っても一向に症状が落ち着かず、乳腺の流れが良くならないときには、医療機関に行ってみましょう。
診察や薬の処方を行いますが、最後の手段としては、乳腺を切り開く手術をして膿を取り去る方法がとられます。
乳腺切開手術が終わり、数日おけば再びそれまでと同じように母乳を飲ませられるようになります。