授乳の仕方による改善

授乳の仕方による改善

乳腺炎は、授乳の仕方を改善すれば見舞われにくくなります。
赤ちゃんを横にした状態で抱っこしながら母乳を飲ませる方法が一般的ですが、乳腺がスムーズに流れるようにするには、赤ちゃんに色々な向きで母乳を飲んでもらうと効果的です。
授乳クッションと呼ばれるグッズを活用して、フットボール抱きをしたり横抱きをしたりと変化させながらおっぱいを飲ませましょう。
各側の乳房で、赤ちゃんの向きを変えて5〜10分ほどかけて授乳を実践していきます。
乳腺炎を生じそうな際や、なってしまっているのであれば、この二つの飲ませ方以外にもたくさんの方向で角度を切り替えながら授乳を実践しましょう。
あと、赤ちゃんがどういう風に乳頭を口に入れるのかについても重要な事柄となります。
授乳の際にくわえ方が浅いと、細かったり端のほうにある乳腺から母乳が排出されない恐れが出てきて、乳腺炎を招きやすくなってしまいます。
赤ちゃんの口を広く開けさせてあげて、乳首を深く口の中に入れてから授乳しましょう。
乳腺が詰まっているときは、詰まっている部分が赤ちゃんの下あごに持ってくるようにして母乳をあげましょう。
その他、月齢が高くなると、夜間に目を覚ますことはほぼないという赤ちゃんも中にはいるものです。
とはいえ、母乳を作り上げるホルモンは、夜間に働きが増して母乳を出させます。
このため、夜間に母乳を排出しないと乳腺内に母乳が詰まってしまう恐れもあり、乳腺炎を引き起こしてしまいます。
そして、授乳と授乳の合間の時間を取りすぎると、赤ちゃんにとっても良くありません。
少し前に作られた母乳を飲むことになるため、新しいものとは言えず味も落ち込んでしまうからです。
離乳食を摂るようになると、昼の時間帯にする授乳の間隔が広くなってしまいますが、夜の間はきちんと3時間ごとに母乳をあげるように心がけましょう。
赤ちゃんが起きていなくても構わないので、眠った状態で乳首をくわえさせてあげるようにすると、ちゃんとおっぱいを飲んでくれるでしょう。