乳腺炎に母乳マッサージ

乳腺炎に母乳マッサージ

乳腺炎でもっとも有効な手段が母乳マッサージの方法です。
母乳マッサージというのは、有資格者の助産師がするもので、乳腺炎を回復させるだけにとどまらず、乳腺炎にならないようにしたり母乳が正常に出るようにするのにも活躍してくれます。
母乳マッサージは自分ですることもできますが、やり方に誤りがあると乳腺の詰まりに繋がってしまうこともあるので、十分に注意しなくてはいけません。
自分一人でマッサージを行うのであれば、乳腺炎をあらかじめ防いだり乳腺炎を生じそうなときにやります。
乳房の基底部が硬くなっている場合、円滑に母乳が出なくなってしまうため、基底部分をマッサージで揉んでいきましょう。
まずは、左乳房の横部分は右手を用いてボールを握るかのように掴み、別の手は乳房のわき側の端にセットし、外から内側に力を入れます。
その次は、乳房の底側を逆側の手を使いボールを握る要領で掴み、片方の手は斜め横に持ってきて、斜め横から上に向けて力を伝えます。
さらには、下から上に向けて同じような具合に力を与えて行います。
いずれも三回ずつ施すように心がけましょう。
さらに、乳頭マッサージというのはうつ乳の防止にもなりますので、行うと良いでしょう。
乳首をつまみ、いろいろな方向にしながらゆっくり圧を抜いていきます。
けれども、乳腺炎を患った人ならなおさら、自分でマッサージをやるのではなく、助産師などのプロに頼んだほうが好ましいです。
専門としている人が行う母乳マッサージで世間に浸透しているのは桶谷式に該当するものです。
日本で事業を興している助産師は数多くいるのです。
母乳マッサージのみならず、育児相談も行っているため、自分の母乳で赤ちゃんを育てていこうと思っている母親の頼もしい存在です。
乳腺に詰まりが起こった場合でも大して痛まないマッサージを実践し、乳腺が円滑に流れる状態にし、柔らかい乳房がよみがえります。