乳腺炎の早期治療

乳腺炎の早期治療

乳腺炎にかかってしまったら、後回しにせず早い治療が要求されます。
最初は、方向を変更しながら授乳を試みると良い作用が得られるでしょう。
とりわけ白斑やしこりが現れている場所に赤ちゃんの下顎を持ってきて母乳を与えます。
しこりの現れている場所に指で圧を加え、母乳の流れを促すことによって、乳腺の詰まりが解消される可能性もあります。
そして、乳房が痛かったり、熱くなっているようであれば、ジャガイモやキャベツでできた湿布を貼ると活躍してくれます。
キャベツを使用した湿布であるなら、準備するのはキャベツの中でも大きな葉で、乳房を除外した乳房全体に被せて、チョットのあいだ放置しておきます。
それからじゃがいもを使った湿布の場合は、ジャガイモ以外に小麦粉・酢・ガーゼ・薄い布が欠かせません。
皮を剥いたジャガイモをすりおろして、そこに酢を一滴ほど垂らし、徐々に小麦粉を加えていき、耳たぶほどの柔らかさになるようにします。
ここまでやったら、厚みを2〜3ミリ程度として薄手の布の上に取り出し、これにガーゼを覆って、ガーゼの側を特に痛い部分に当たるようにしてテープなどでくっつけます。
じゃがいも以外に里芋の粉であっても乳腺炎の処置に活躍してくれます。
こういった湿布は野菜を使っているので、母乳にとっても赤ちゃんにとっても害がないことが大きな利点です。
急激に冷えると逆に乳腺の流れが悪くなるため、そんなに冷えることがない冷えピタを湿布としてチョイスするといった方法をとっても良いでしょう。
それで、このような湿布治療を行うことで乳腺の詰まりが改善され、痛みが軽くなってくるので、そうなってからまた母乳を飲ませるようにしましょう。
その他には、食事を見直し、授乳の間隔が過度に開かないように、これまでよりちゃんと授乳を実践します。
一時的な治療を行ったあとは、専門としている人に母乳マッサージをしてもらってください。