手術による乳腺炎治療

手術による乳腺炎治療

乳腺炎には軽度から重度の症状まで様々ですが、授乳方法や食生活を改善したり、母乳マッサージをやってみても、少しも症状が良くならないこともあるでしょう。
このような場合は、ひどい乳腺炎になっていることが考えられ、乳房の痛みを感じたりしこりが発生するだけではなく、乳房が満遍なく熱を持った状態になり、風邪をひいているわけでもないのにひどい熱が出て体が寒さに襲われます。
これに該当するようなときは、乳房内に膿ができて乳腺に詰まりが生じているので、最終手段として乳腺を切開することになります。
乳腺を切開する場合、乳腺外科に行く必要がありますが、家の近所にそういったところがないなら、外科で受け付けてもらえます。
乳腺を切り開く手術というのは、乳房の部分に局部麻酔をし、切開して膿を排出します。
通常は日帰り入院で済むことが多く、約一ヶ月は通院することが求められます。
管を切開を行った箇所に挿入して、当面はその管を介して母乳や膿を排出します。
そこから、患部の消毒を試み、消炎剤や抗生物質などの薬を渡されて、当面は服用を続けます。
様子を見ながら手術から数日で、授乳を再開することも可能です。
病院で出される薬というのは、母乳育児をしていても構わない薬が用いられます。
乳腺炎を生じても、切開しなければならない状況に陥る人は稀だと捉えられています。
乳腺炎の症状が進行することには特定の理由があるのですが、もっとも多い要因とされているのは不健康な生活です。
口にする食べ物に配慮しちゃんとした方法で母乳を与えることができていれば重度の乳腺炎を患うことはないと言ってしまっても構わないでしょう。
また、軽い乳腺炎であってもそのまま治療せずに放っておくと症状が進み、乳腺を切開しなくてはいけなくなることもあります。
早いうちに対応をしていき、母乳マッサージを取り入れたり、口にする食べ物や母乳の与え方に注意を払うようにすれば、面倒な状況に追い込まれることがなくなるでしょう。